安全な運行ができるタクシー会社へ応募することが大切です

タクシー運転手への道

どんな業務をしているのか

ドライバー

運転以外にも様々な業務をしている

タクシー運転手といったら、運転を主にしているイメージがありますが、点検や洗車なども行なっています。様々な業務をこなし一日を終えるので、流れをよく理解することで仕事のスキルアップを期待することができます。

安全な運行のために準備をする

お客さんの命を預かっているということで、タクシー運転手は出発前に点検の作業を進めていきます。エンジンルームを主にみて、何かしら異常がないかを把握することで、深刻なトラブルを未然に防いでいくことが可能になるのです。

体調の管理も大切

ずっと運転をするということで、身体の調子をコントロールすることも重要になってきます。運転手の大切な管理であるため、タクシー求人を決める際には、従業員のことを考えたタイムスケジュールを組んでくれるかどうかも重視しておきたいところです。

仕事の内容に関する疑問のあれこれ

点呼では何を行ないますか?

従業員ひとりひとりが出勤しているかを確認します。その他にも、注意事項やアルコール点検も行なって、1日を安全に営業するためにも重要な時間であるといえます。また、車両の点検もセットで行なわれるところも多くあります。

スキルアップをするなら何を目指しますか?

タクシー運転手それぞれの管理にまわる運行管理者があります。運転手としての経験だけでなく管理者としてのスキルが必要になるので、色んな面に注意して気を配ったり、トラブルに対処できたりする意識が大切だと思います。

接客で大変なことってありますか?

お酒に酔っているお客さんや、急いで目的地に向かって欲しいというお客さんなど色んなタイプの人が乗ります。タクシー会社では安全かつお客さんにとって気持ちよく利用してもらえるように、接客スキルや運行の注意点などを研修に盛り込んで従業員を教育しています。

休憩時間はしっかりとれますか?

乗務の時間に応じて、間に休憩を入れる時間を設けているタクシー会社が多くあります。お客さんを安全に送るためにも休養は欠かせないため、時間のバランスを上手く調整することが大切であり、それを元にシフトの計画を立ててくれる会社選びが大切です。

フルタイムのですが応募は可能ですか?

5~6時間のパートタイムで募集しているところもあり、主婦もタクシー運転手として働き始めている人もいます。プライベートの時間と上手くやりくりをしたい人にとって働きやすい仕事として注目が寄せられています。

広告募集中